キャラメルはお好き?
大手の菓子メーカーが“歯につきにくいキャラメルを発売していることをご存知ですか?従来の商品を改良して粘りを少なくしたもので、歯にくっつくのが心配で食べられないという人たちに注目されています。甘いものが貴重だった子ども時代にキャラメルを食べて、そのおいしさに感動したという経験がある方は、懐かしい甘さを楽しんでみてはいかがですか。コーヒーとの相性も抜群です。

☆イスラムの寺院から始まったコーヒー飲用は、イスラム諸国の庶民の間に広まり、やがてヨーロッパにも伝えられます。しかし、伝播の歴史には数々の受難が待ち受けていました。アラビアでは、コーヒー愛好家が激しい迫害や制裁を受けていました。

弾圧が増すなか、1587年に回教徒のアブダル・カディーは世界初のコーヒー専門書『コーヒー伝承手記(コーヒー由来書)』を著します。全38章にわたる書物の中でカディーは一、コーヒーの起源や由来を紹介。このコーナーの初回にご紹介した山羊飼いのカルディーやシェーク・オマール伝説の原典も収録されています。さらに、一部の回教徒によって起こされた禁止令や制圧に対して、健全な飲み物であることを説き、反コーヒー派の説得に貢献しました。『コーヒー伝承手記』は、コーヒーの起源を述べた現存する資料の中でも世界最古といわれ、ルイ14世時代に保護され、現在もパリ国立博物館に秘蔵されています。

☆コーヒーは1615年にローマ、1644年にフランスへと伝えられ、ヨーロッパ全土へと広がっていきます。ローマにコーヒーが伝わって間もなくのこと、数名の聖職者がローマ教皇のクレメンス8世に「キリスト教徒がコーヒーを飲むことを禁じてほしい」と願い出ました。コーヒーは伝播前から異教徒の飲み物として知られていて、イスラム教徒の愛飲するものは「悪魔の飲み物」と考えたのです。クレメンス8世は好奇心の強い人物だったのでしょうか、聖職者の訴えを受けて、彼らのいう悪魔の飲み物を取り寄せて実際に飲んでみることにしたのです。コーヒーを初めて口にして教皇は驚き、声を上げました。「この悪魔の飲み物はあまりにも美味しい。異教徒だけに飲ませておくのは何とももったいない。」そこで教皇は「悪魔を欺く」としてコーヒーに洗礼を施し、キリスト教徒の飲み物として認めたのです。教皇公認の飲み物となったコーヒーは、ローマの人々により広く愛飲されるようになりました。

 
コーヒー派のためのお菓子百科 その45 さなづら 秋田県

ヤマブドウの果汁を固めて作る秋田名産の寒天状のお菓子です。「さなづら」とは、もとはヤマブドウの一品種を指す秋田弁でしたが、現在では菓子の名前として知られています。ワインを思わせるような甘酸っぱく濃厚な味わいで、ポリフェノールやビタミンCといった自然の栄養素も豊富。そのままおやつとして食べるほか、バターと一緒にパンに塗ってもおいしくいただけます。天然の酸の働きにより常温保存できることからお土産としても人気です。

珈琲Q&A
Q.運動前にコーヒーを飲むとよいと聞きました。

スポーツの前にコーヒーを飲むと、カフェインの作用で脂肪の燃焼率が高まることが、東京慈恵会医科大学の研究によって明らかになっています。効果を得るためには、コーヒーを飲んでおよそ1時間後に運動を開始するのがよく、ブラックコーヒーのほうが脂肪の燃焼が多くなるそうです。ただし、飲み過ぎると運動に支障が出るおそれもあるので、あくまで適量を飲むようにしてください。


「素敵なあなたに」ではあなたからの声を大募集。
誌面や記事に関するご意見やご要望、コーヒーにまつわるさまざまなエピソードなど、
どうぞお気軽にお寄せください。
●郵便/〒613-0036 京都府久世郡久御山町田井新荒見100 キョーワズ珈琲株式会社「お客様相談室」
●E-mail/info@kyowas.co.jp

発行:2013年9月1日
編集:キョーワズ珈琲 本社企画室
京都府久世郡久御山町田井新荒見100 TEL:0774(43)6369

copyright